ホーム > 診療案内

診療案内

診療内容

一般歯科
一般歯科

成人の方がむし歯や歯周病などで受ける治療を一般歯科といいます。義歯の作成もここに含まれます。

●むし歯の原因
歯科を受診する多くの理由は、「むし歯が痛むから」というものです。むし歯は、口の中のミュータンス菌という細菌がつくりだす酸によって、歯に穴が開いた状態です。

●むし歯は自然には治りません
歯の表面のエナメル質が白くなった程度のごく初期の虫歯だと、フッ素塗布や歯みがきで回復する場合もありますが、象牙質まで進み、黒くなった歯は自然に治ることはありません。ズキズキと激しく痛むときはむし歯が神経まで達している場合が多くみられます。

●早めの受診、定期検診を
痛くない段階でむし歯を見つけるには、定期的な検診が有効です。早期発見だと治療の期間も短くて済みます。

小児歯科
小児歯科

●小児歯科について
お子様の乳歯にできたむし歯は、大切な成長期の食生活にも関係してきます。そのまま放置していると永久歯へ悪影響が出ます。

治療を嫌がるお子様も多いですが、たに歯科医院では適切な対応でスムーズに治療を進めていきますので、ご安心ください。

むし歯の部分を削り、「白い樹脂で詰める」「奥歯には銀歯を被せる」など、お子様の歯の状態に合わせたケアをおこないます。3歳以下のお子様には進行止めの薬を塗り、経過を見守ることもあります。

●お子様の歯を守るために
お子様のむし歯予防には、定期的な検診が有効です。かみ合せの悪さや歯並びのチェックもできますので、口腔内の正しい発達に役立ちます。
また、たに歯科医院では歯質を強化するフッ素塗布や歯科衛生士による歯みがき指導もおこなっていますので、一度ご相談ください。

口腔外科
口腔外科

口腔の疾病を扱い、内科的、外科的な処置をおこなうのが口腔外科です。当院では口腔外科のエキスパートが治療にあたっています。

難しい親知らずの抜歯や口腔粘膜疾患、顎関節症など、多様な疾患に対応します。


インプラント
インプラント

最近、よく耳にするインプラント。いったいどのようなものでしょうか?

●インプラントは「第3の歯」
むし歯や歯周病などで、歯を失った場合、顎の骨に人工の歯根を入れ、その上に歯を被せるのがインプラントです。
素材としてはチタンを使います。チタンは骨と結合するという性質があるからです。

被せる歯はセラミック(歯科用陶材)なので、見た目も白く、口の中になじみやすいものです。
自分の歯のようにかめることから、インプラントは「第3の歯」とも言われています。

●インプラントのメリットとデメリット
メリット
天然の歯のように見える
しっかりとかめる
抜けた歯の本数に関わらず、治療できる
耐久性がある
周囲の歯を削らないで済む
歯が抜けたあとの顎の骨がやせるのを防ぐ

デメリット
費用が高い
治療の期間が長い
健康状態によっては入れられない場合もある

●インプラント治療の流れ
インプラントを入れられるか健康状態をチェック。
問題がないようなら、治療計画を立てます。

歯の根にあたるインプラント部品(フィクチャー)を顎の骨に埋入します。
全身麻酔なので、痛みはありません。

人工の歯の土台となる、インプラント部品(アバットメント)をフィクチャーに連結します。

口の中の型を取り、人工の歯をつくります。
アバットメントに人工の歯を装着し、完成です。

※インプラントと顎の骨が結合するまで、1~6ヵ月かかります。半年ごとの定期的な検診が必要です。

矯正歯科
矯正歯科

●当院の院長は大阪大学歯学部の矯正科出身です。

●矯正治療について
歯の矯正は、歯並びをきれいにする治療と思いがちですが、美容的な改善だけではなくいろいろなメリットがあります。
前歯で食べ物をしっかりかみ切れる
奥歯で食べ物がかみ砕ける
かみ合せがよくなり、歯の寿命が延びる
発音障害が改善できる

●悪い歯並びを放置していると
歯並びが悪く、歯ブラシが届かない部分があると、むし歯や歯周病になりやすい。
発音が悪くなる。外国語を正しく発音できない場合も。
食べ物をきちんとかめないため、消化が悪くなり、胃腸や全身に影響が出る。
かみ合せが悪く、いびきや歯ぎしりの原因になる。
顎関節にも悪影響を及ぼし、顔の形を悪くすることもある。

●矯正はいつから?
大人になってからの矯正でも、遅すぎることはありません。たくさんの人を接する機会の多い方ほど、矯正の大切さを実感されるようです。

お子様の矯正は、歯や顎が成長段階にあるため、タイミングが大切です。顎の大きさ、かみ合せや骨格を見て、適切な時期を歯科医師が判断します。また、一見悪くないような歯並びでも、専門家が見るとよくない歯並びの場合もありますので、早めに検診を受けた方がよいでしょう。

●矯正治療の流れ
矯正治療は、長期にわたる場合がほとんどですので、きちんと計画を立てることが必要です。レントゲンや写真撮影、歯や歯肉、顎の状態の検査、模型作成などをおこないます。
治療完了まで、毎月1~2回の通院が必要です。
矯正が完了してからも、歯並びを安定させるための「保定装置」を使います。

たに歯科医院では、目立たない矯正もおこなっていますので、お問い合わせください。

審美歯科
審美歯科

憧れの白い歯になるために

歯の表面の色素や汚れを取る、歯のクリーニング(PMTC)は、歯に負担をかけずに生来の歯の色に戻す方法です。歯石をきれいにすることで歯周病予防にもつながります。

しかし、その方法で満足のいく結果が得られない人もいらっしゃいます。「歯の神経を取ったら歯の色が黒ずんだ」「喫煙で歯が黄ばんだ」「もともと歯が黄色」など、歯の色で悩んでいる方です。

たに歯科医院では、歯を白くするホワイトニングを手がけています。病院でおこなう「オフィスホワイトニング」、ご家庭でできる「ホームホワイトニング」の2つの方法があります。

●オフィスホワイトニング
急いで白くしたい人におすすめの方法です。過酸化水素が入ったホワイトニング剤を歯に塗り、レーザーなどを照射します。個人差はありますが、2週間おき3回のオフィスホワイトニングで白さを実感できる方が大半です。

●ホームホワイトニング
低濃度のホワイトニング剤を使い、ゆっくりと白くする方法です。歯科医院へ出向かず、自分のペースでできるのがメリットです。自分の歯型に合わせてつくったマウスピースに薬剤を流し入れ、歯に数時間装着します。効果が出る目安としては、上顎で2週間以上とされています。

■ 注意点 ■
ホワイトニングの前には、むし歯や歯周病の治療を済ませておきます。術後24時間は禁煙、コーヒーやカレーなど色がつきやすい食べ物も控えます。
また、天然ゴムに対するアレルギー、呼吸器疾患、無カタラーゼ症の方は施術を受けられません。

ホワイトニングをできない人のためには、歯の表面を0.2~0.5mm削り、薄い板状セラミックを貼り付ける方法もあります。削るといっても表面のエナメル質の範囲だけなので、歯の負担も少なくて済みます。詳細はおたずねください。

アクセス


大きな地図で見る

大阪府大阪市平野区加美鞍作1丁目4-5

JR関西本線(大和路線)加美駅南口より徒歩0分。
駐車場もご用意しております。

詳しくはこちら